家庭用本格的エスプレッソマシン!10万円以内のおすすめ6選

最終更新日

1

カフェのような美味しいエスプレッソを家庭で楽しみたいけど、費用はどれぐらい?何十万円もするのでは?選び方は?何より、本当に美味しいエスプレッソが簡単に作れるの?

今回はこんな疑問にお答えします。

業務レベルから家庭用まで、これまでたくさんのエスプレッソマシンを輸入販売してきたアルファエスパスが、家庭用エスプレッソマシンの費用や魅力、そして10万円以内で購入できる家庭用本格的エスプレッソマシンをご紹介します。

エスプレッソマシンひとつで、自宅がカフェのような居心地の良い空間に生まれ変わります。
スターバックスが不要になるかも?!

カフェより断然お得にカフェ気分を楽しめる

家庭用エスプレッソマシンなら1杯約120円もお得

家庭のエスプレッソマシンでエスプレッソを飲む場合と、カフェで飲む場合を比較してみましょう。

家庭の場合、1杯30ccのシングルエスプレッソを飲むためにはおよそ10gのコーヒー豆を使用します。

豆は、安いもので1200円/1kg、高いもので3000円/1kg程度。
ここでは中間を取って2100円/1kgとします。
さらに、電気代を多めに見積もって1回10円と設定しましょう。

つまり、1杯30ccのシングルエスプレッソが220円で飲めます。
対して、カフェ(スタバーバックス)でエスプレッソのシングルを頼めば、1杯/30ccで約340円。

カフェと比べ、家庭用エスプレッソマシンでエスプレッソなら、1杯飲むごとに120円お得に飲める計算です。

1日2杯飲めば約1年でマシン代がチャラ

1日1杯飲めば、1年365日×120円=43800円お得になります。
マシン代を10万円を購入した場合、約834日(2年と3ヶ月14日)でマシン代の元が取れてしまうのです。

家族がいるご家庭で1日2杯飲めば、約417日(1年と1ヶ月22日)。
ほぼ1年間だけ、あっという間です

もちろん、選ぶ豆の価格や、カフェラテ やカプチーノを飲む場合もあるので、この数字比較がすべてではありません。

しかし、費用の問題以外にもカフェまで行く交通費や時間、手間を考えれば、お得だらけです。

日常的にカフェに通っているのであれば、買わないという選択肢はないではないでしょうか。

何より、美味しいエスプレッソを大好きな自宅で楽しむ時間は、本当に豊かで有意義なものです。

家庭用エスプレッソマシンで本格的な味を実現する3つの条件

今回アルファエスパスがご紹介させていただく家庭用エスプレッソマシンは、カフェにも劣らない本格的な味を楽しめることを条件としています。

利便性を求めすぎた中途半端なものはおすすめしません。当然、10万円近くするものがほとんど。
しかし、あくまで10万円以内です。

10万円以内で家庭用エスプレッソマシンで本格的な味を実現できるものとして、3つの条件をが揃っているものをおすすめしています。

9気圧以上の抽出圧

エスプレッソの美味しさはクレマの厚みが非常に重要と言われます。
クレマとは、エスプレッソを淹れた際の最上層に出来る泡のような部分のことです。

クレマは、コーヒー豆に高い圧力を加えて抽出することで発生します。
この圧力が弱いと、クレマに厚みがなく美味しいエスプレッソに仕上がりません。

厚みのあるクレマを抽出するためには、9気圧以上の抽出圧があるマシンを選ぶことが重要です。

カフェラテやカプチーノを楽しめるミルクフォーマー

エスプレッソだけでなく、美味しいカフェラテやカプチーノ楽しみたいなら、ミルクフォーマー機能が必要です。

ミルクをスチームしたりフォームするための機能で、上質なスチームミルクを作れます。

上質なエスプレッソと上質なスチームミルクで作るカプチーノは格別。
特に、朝食に飲むカプチーノは最高ですよね。

また、ラテアートを楽しみたい、という場合もミルクフォーマー機能は必須です。

安心して使用するための品質保証

エスプレッソマシンは高価な買い物ですよね。しかも、故障や破損の可能性のある家電です。
長く安心して使用するためには、品質保証も重要。

当店アルファエスパスでの購入なら、どのマシンも1年以上の品質保証がつきます。
さらに、商品到着後レビューを書いて頂いた方には延長保証を追加。

また、エスプレッソマシンのプラグが3ピンの場合は、変換プラグをつけて発送。

品質保証以外にも消耗品等の部品の取り寄せもお任せ下さい。
メーカーにしかわからない内容の質問にも対応いたします。

高い買い物であること、毎日使うことを考えると、安心できる保証とサービスがあると安心です。

10万円以内のおすすめ家庭用本格的エスプレッソマシン6選

1. ブレビル デュオ エスプレッソマシン

 

オーストラリアの会社・ブレビル。
オーストラリアのトップ2000社の中で649番目に位置し、売上は7億ドルを超える有名企業です。

今回ご紹介するデュオ エスプレッソマシンは、全自動でもマニュアルでもない、中間に位置するマシン。
全てマニュアルだとかなりの技術が必要になってきたり全自動だと楽しめない!という方にぴったりです。

北米でも非常に人気が高く、ウイリアムズソノマシュラテーブルでも常に店内で販売されているほど。
スタイリッシュな見た目も人気の理由で、ご家庭のキッチンにカフェのような雰囲気を加えてくれます。

  • サイズ 257 x 311.7 x 334mm
  • 消費電力 1700W
  • 水タンク 1.8L
  • 重量:8.5kg

ブレビル デュオ エスプレッソマシンの特徴

  1. 15気圧の抽出圧
  2. ミルクフォーマー付き
  3. 常に美味しく抽出できる最適な温度を保持するPID(温度制御装置)付き
  4. 上部がカップウォーマー
  5. 約1.8Lの水タンクにより1度の給水でたっぷり飲める
  6. 水道水のカルキ、カビ臭を除去する活性炭フィルターの使用が可能
  7. スチーム後の水温自動設定によりすぐに次のエスプレッソを淹れられる
  8. 熱いお湯を出すことができるので紅茶も楽しめる
  9. 必要な付属品がすべて揃っていて届いたその日から楽しめる

エスプレッソを美味しく淹れるためには、86℃~90℃のお湯が最適と言われています。

ブレビル デュオ エスプレッソマシンなら、PID(温度制御装置)により常に最適な温度で抽出することが可能。

また、一般的なマシンはミルクをスチーム後、水の温度をエスプレッソ用に再調整する時間が必要ですが、自動設定によりすぐに次のエスプレッソを淹れられます。

ミルクを入れるピッチャーや、粉にした豆に圧力をかけるタンパーなど、必要な器具が充実していることも嬉しいポイント。

豆を入れるバスケットは、豆の種類やカップサイズごとで4種類付属されています。

また、コード(約1m)は短めなので場所によっては延長コードもお忘れなく。

ブレビル デュオ エスプレッソマシンのお手入れとメンテナンス

活性炭フィルターの交換
活性炭フィルターは水道水のカルキ、カビ臭などを除去する働きがあります。
コップに水を入れ新しい水フィルターを5分程度浸してください。古いフィルターと交換して下さい。

1日に1〜2杯程度だと2年に1回程度で交換してください。
非正規品でも十分使って頂けます。

クリーニングタブレットを使う
電源が入っていることを確認します。
ポーターフィルターに専用のシリコンディスクを入れ、その上にタブレットを置いてコントロールダイヤルをエスプレッソ(左)にして20秒待ちます。

その後、スタンバイにしてこの作業を5〜6回、タブレットが溶けてなくなるまで行ってください。
これを3ヶ月に1回程度行いましょう。

③ スチームワンドのクリーニング
スチームワンドはできるだけミルクを出した後に濡れたタオル等で周りに付いたミルクをふき取るようにして下さい。

先に付いているワンドは付属の専用工具で取り外すことができます。

先に針が付いているのでミルクが詰まったら取り除いて下さい。

2. サエコ ポエミア トップエスプレッソマシン

サエコはオランダのフィリップスを親会社にもつ1981年に設立されたイタリアの会社。
ヨーロッパでの家庭用エスプレッソマシンのシェアとしては40%と、ヨーロッパでは言わずと知れた有名な老舗です。

  • サイズ:200 x 265 x 297mm
  • 消費電力:950W
  • 水タンク:1.25L
  • 重量:4kg

サエコ ポエミア トップエスプレッソマシンの特徴

  1. 15気圧の抽出圧
  2. ミルクフォーマー付き
  3. どのような豆でもクレマが出やすいフィルター構造
  4. コーヒー豆だけでなくポッドでの抽出も可能
  5. 上部がカップウォーマー
  6. コーヒースクープ・タンパー付き
  7. 熱いお湯を出すことができるので紅茶も楽しめる

クレマは豆の種類や状態によってもでき具合が変わってきますが、フィルター構造でクレマが出やすいことが大きな魅力です。

また、ポッドでの抽出なら、コーヒー豆の用意やタンピングする手間を省けて、ビギナーにも嬉しいですね。

カフェPodsのおすすめはillyのポッド(ミディアムロースト)です。

コード(約80cm)は短めなので場所によっては延長コードもお忘れなく。

3. デュアリット マルチ エスプレッソマシン

ディアリットは1945年にイギリスで設立された会社。
特にトースターは日本でも販売されていて有名ですよね。

  • サイズ:207 x 284 x 330mm
  • 消費電力:1250W
  • 水タンク:1.5L
  • 重量:5.6kg

デュアリット マルチ エスプレッソマシンの特徴

  1. 15気圧の抽出圧
  2. ミルクフォーマー付き
  3. ネスプレッソのカプセル・カフェポッド・コーヒー豆の3種類を使用可能
  4. 上部がカップウォーマー
  5. 電源を入れて約40秒でエスプレッソを楽しめる
  6. コーヒースクープ・タンパー付き

このマシンの最大の特徴はネスプレッソのカプセル、ポッド、挽いたコーヒー豆の3種類が使用可能なこと。

急いでいる時はネスプレッソのカプセルやポッド、ゆったり楽しみたい時はコーヒー豆と、その日の気分やシチュエーションで選択できます。

4. カプレッソ ECプロ エスプレッソマシン

カプレッソはアメリカで1994年に設立されました。スイスにあるJura(ユーラ)が親会社です。
ユーラは最近、全自動エスプレッソマシンとして日本にも進出してきましたね。

  • サイズ:280 x 300 x 200mm
  • 消費電力:1050W
  • 水タンク:1.25L
  • 重量:2.7kg

カプレッソ ECプロ エスプレッソマシンの特徴

  1. 15気圧の抽出圧
  2. ミルクフォーマー付き
  3. 上部がカップウォーマー
  4. コーヒースクープ・タンパー付き
  5. 初心者用・上級者用で使い分けられる2つのフィルター付き

より美味しいエスプレッソを楽しむには、豆の挽き方やタンピングの技術も必要です。

しかし、カプレッソ ECプロ エスプレッソマシンなら、豆の扱いに慣れていない初心者でも最適な抽出を行えるフィルターと、豆の扱いが上手な上級者用のフィルターが付いています。

初心者の時と上級者とで、フィルターを使い分けることも嬉しいポイントです。

また、カプレッソではこちらのおしゃれな電気ケトルも大変人気商品となっております。

5. ガジア クラシック エスプレッソマシン

ガジアは1947年に設立されました。親会社はサエコです。
サエコの親会社はフィリップスとご紹介しましたが、フィリップスにとってはガジアは孫?にあたりますね。

  • サイズ:380 x 230 x 240mm
  • 消費電力:1250W
  • 水タンク:2.1L 取り外し可
  • 重量:8kg

ガジア クラシック エスプレッソマシンの特徴

  1. 15気圧の抽出圧
  2. ミルクフォーマー付き
  3. コーヒー豆とポッドの使用が可能
  4. 上部がカップウォーマー
  5. 約2.1Lの水タンクにより1度の給水でたっぷり飲める

このマシンは当店でも人気の商品で、イタリアで作られたエントリーレベルの家庭用エスプレッソマシンとしては最高レベルです。

ポッドとコーヒー豆の両方で抽出が可能なので、豆の扱いに慣れないお子さんのいる家庭での共有も安心。

マシン自体に高さがありますが、高さの分容量2.1Lの水タンクが搭載されているので、1度の給水でかなりの回数のエスプレッソを楽しめます。

コード(約80cm)は短めなので場所によっては延長コードもお忘れなく。

6. アトミック エスプレッソメーカー 直火

最後に紹介するのは、イタリアミラノで1946年に開発されたエスプレッソマシン。
イタリアのジョルダーノ・ロビアッティ氏によってデザインされています。

アトミック エスプレッソメーカー 直火の特徴

  1. ミルクフォーマー付き
  2. コンセントではなく直火を使用
  3. アウトドアシーンでも使用可能
  4. イタリアのジョルダーノ・ロビアッティ氏によるデザイン

何よりの特徴は直火を使用することで、直火の魅力はキャンプなどアウトドアシーン活躍してくれます。
大自然の中で楽しむエスプレッソは、格別でしょうね。

イタリアのデザイナーによるデザイン性の高いヴィンテージなマシンなので、周囲の目を引くアイテムとしても素敵です。

まず「これって何ですか?」から始まり「へえ〜すごいなぁ!」と言われること間違いなし。

現在の全自動も良いけど、直火にかけてじっくりと作る時間も楽しめる一品ですね。

まとめ:一押しはブレビル デュオ エスプレッソマシン!

今回6つの家庭用エスプレッソマシンをご紹介しました。

どれも魅力的なマシンですが、その中でも当店が一押ししているのは、ブレビル デュオ エスプレッソマシン

ブレビルのエスプレッソマシン(モデルは異なりますが)は、当店ロサンゼルスオフィスでも使っていて、毎日美味しいコーヒー(カプチーノ)を色々なコーヒー豆を買ってはスタッフと共に楽しんでいます。

エスプレッソの味を比べれば、どのマシンも本格的の味を楽しめますが、ブレビルはそれ以外の機能性や利便性にも魅力が詰まっています。

耐久性やデザイン、お手入れのしやすさなど、本当に使いやすいマシンです。

エスプレッソマシンなら、カフェで飲むよりおよそ120円もお得に飲めます。
1日2杯飲めばほぼ1年間でマシン代を精算が可能。

何より作っている間も楽しいですし、飲んできるひとときに心が癒されますよ。

 

とにかくもっと本格的なエスプレッソマシンが欲しい!という方はこちらの記事も参考にしてみてください。

LA流お家カフェの勧め~Brevill エスプレッソマシン編~

アルファエスパスでの購入で得られる6つの安心

アルファエスパスでは10年以上、エスプレッソマシンを販売しておりますので安心してお買い求め下さい。

1. 買った後のアフターフォローが充実

やっぱりアメリカの商品なので日本でちゃんと使えるか不安な方も多いはず。
当店では商品到着後、製品品質保証は1〜5年間ついておりますので安心してお使い頂けます。

2. 30日間返品返金保証

実際使って見たけど何か違う、といった方には30日間返品返金保証をお付けしております。
神戸まで着払いにてご返送下さい。

3. 変換プラグを同梱

商品には変換プラグをおつけして発送するので到着してすぐにお使い頂けます。
商品によっては日本語説明書等をおつけして発送するので到着してすぐにお使い頂けます。

4. 現地日本人のプロによる動作確認

アメリカにいる日本人のプロによる動作確認、検品、梱包後の発送なので安心。

5. 周辺部品の販売・サポートが充実

消耗品(替刃やコンテナや蓋)の取扱もあります。
現地にスタッフがいますので、メーカーから直接部品の取り寄せやサービスが受けられます。

一般的にアメリカでは部品の供給は日本に比べて長く、安定して供給されているのでご安心ください。

6. 代金引換での受け取りが可能

代金引換で商品が受け取れます。
※30kgを超える商品等一部代引をご利用頂けない場合もございます。

The following two tabs change content below.
2000年からアメリカに在住中。世界中の人達と話をするのが好きなペーパーパイロット(セスナ)。新しいことを違う国の人たちとするのが得意。 5か国以上の国に6か月以上滞在し、旅行ではなく住むことを通じ一歩踏み込んだ国と国の違いを経営に生かす。