日本未発売のバイタミックス最新機種、
Ascentシリーズが買いなワケ

最終更新日

1

2017年6月現在で、Vitamix (バイタミックス)から発売されている最新機種、Ascent (アセントシリーズ)。

どんな商品なのか気になり、心躍らせ調べてみました。

 

 

バイタミックスアセントシリーズは4機種ありますねぇ

左からバイタミックスアセントシリーズ A2300  A2500  A3300  A3500 となります。

 

デザイン性があり キッチンにおくだけでテンションあがりそうです。

 

 

まず 従来のVitamixGシリーズと比べてみましょう

 

気になるGシリーズとの違いですが

★上蓋と持ち手部分がプラスチックになっています。

上からの混ざり具合が確認できていいですね

あと、今まで蓋と持ち手がゴムになっていて使い始めにゴム臭さが

気になるという方にはいいですし 今回から食洗機OKにもなり

ふた部分にメジャーも付いています、

    これはいいかも!

 

★さらなる静音設計 これは既にGシリーズで40%音を削減してあり実際の音量はGシリーズと比べると気持ち音が小さくなったかな?と感じました。

 

★プログラム機能にタイマー機能も追加

これはかなりグレードアップした機能が搭載されていますね!

 

★土台部分にコンテナの大きさを感知するシステムが付いていてコンテナのサイズに合わせて作動する これはかなりの機能のようですが、どういう事なのでしょう?? 気になるプログラム機能にタイマー機能も追加とコンテナの大きさを感知するシステムについてA3500を見てみましょう

① 5 Program Settings(自動調理機能)
(左からスムージー、フローズンデザート、ホットスープ、ディップ&スプレッド、セルフクリーニング)

② 1-10 Speed Dial (1~10のパワー調整ダイアル 高級オーディオのボリュームを調整しているような感覚)

③ Touch Start/Stop (スタート/ストップ)

④ Touch Pulse (パルススイッチ 一気にあらかじめ調整したスピードになります)

⑤ Touch Programmable Timer (タイマー時間調整)

⑥ SELF-DETECT™ Technology (自動感知システム)

 

 

①自動調整機能のスムージを押すと写真の表示が出てきます。

この表示は5のパワーで50秒の自動調理でスムージーができるということです。実際に作動させると スタートは5のパワーで回りタイマーはカウントダウンし、残時間 0:39の時点で パワーが 6  7と自動で上がっていき 残時間 0:30 でパワー10に変化してタイマーが0で自動で止まりスムージーの完成となります。 これが自動制御システムか!!と驚きました。

スムージーの他に フローズンデザート

 

ホットスープ

 

ディップ&スプレッド

 

セルフクリーニング

の5つの自動調理機能が付いています。

自動洗浄機能はコンテナにお水を入れて洗剤を少し入れ 自動洗浄ボタンを押して作動させると自動洗浄され その後濯いで乾燥させると綺麗になります。

 

②のパワー調整機能は 自動調整機能を使わずスタートした場合、作動中でもパワー調整のつまみを回して調整できます。

 

③スタート/ストップスイッチ

タイマーセットやプログラムセッティングからの作動で調理途中で一度ストップボタンを押すとリセットされます。

これは、メニューの途中で止めると選び直しになるということです。
安全性も考えられていますね

 

④ Touch Pulse パルスボタンになりスイッチを押している時だけブレードを回すことのできる機能になります。

 

⑤ タイマー機能 手動で最大6分30秒までセットできます。

タイマーセットして作動させるとタイマー表示はカウントダウン表示となり途中でやめたい時は ストップボタンを押します。 その場合、タイマーはリセットされますので再度タイマー調理したい時は タイマーセットを再びセットし仕直します。

 

⑥ 自動感知システム

土台部分にコンテナの大きさを感知するシステムが付いていてコンテナのサイズと機能性に合わせて作動するようなのですが どういう事かというとたとえばコンテナを外すとCautionマークがでて作動できなくなります。

 

 

Ascent (アセントシリーズ) 専用の Blending Cup、Blending Bowl (発売予定)を使用することもできます。

  

そのBlending Cup と Blending Bowlをコンテナと取り換えて使う場合 コンテナの大きさを感知するシステムにより コンテナのサイズと機能性に合わせて作動するようになるということです。 かなりテクノロジーを駆使した機能が付いていてビックリです。Blending Cupにスムージーを作ってエクササイズの後に飲んだり、オフィスでの朝食やランチ等に持参するのもいいですね

Blending Bowlは 離乳作りや コーヒー豆のグラインダーにも使えて便利ですね

いろいろな使い道が出来お料理の幅が広がりそうです。

※現時点でBlending Cupのみお取り扱い開始しております。詳細はコチラ

 

 

従来の他のコンテナも感知するのかな??と思い調べてみましたが残念ながらこの機能は Ascent (アセントシリーズ)のコンテナとBlending Cup と Blending Bowlのみのようで、今までのCシリーズ Gシリーズ そして Sシリーズのコンテナは使えません

ちなみに従来のコンテナを置いてみました。

フィットはするのですが、 やはりCautionマークがでて作動できませんでした。

 

従来のコンテナと比較しますと

左 A3500  右 Vitamix 750のコンテナ

刃の部分が何ミリか長くなった感じがします。粉砕力は増すのでは?と個人的には思います。 お値段は少し高いですが、購入された方々のレビューを拝読させていただくと

皆様 パワーのすごさを実感されるようです、従来のパワーに テクノロジーを駆使した機能が加わった Vitamix (バイタミックス)のAscent (アセントシリーズ) 良いものを長く使いたい方には 是非お勧めの商品かと思います。 今よりももっと健康になり、病気になりにくい体を作って力いっぱい夢に向かって進んでいきたいですよね!

これから皆様のレビューが楽しみですね

 

 

次回は 4種類あるAscent (アセントシリーズ)の違いをレポートしたいと思っています。

それと 今気になっているのが Vitamix専用のキッチンスケールを購入して アップルでアプリをダウンロードしBluetoothに接続してレシピを検索 すると、いろいろなレシピが選べてカロリー表示まででるようなのですが、これも次回にレポートできたらと思っています。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

レビューで10年間の品質保証!紹介したA3500はアルファエスパスでお買い求めいただけます

The following two tabs change content below.

Flora

ウィンドーショッピングでも気づけば キッチン家電を見て回るのが好き   趣味は 3年前に始めた バレエにはまっています。