ほっこり温まる、アメリカ母の味

最終更新日

1

風邪で食欲がない時や病み上がりに食べるモノといったら、まず思い浮かぶのが「お粥」や「お雑炊」ですよね。消化のいいお粥やお雑炊は、弱った胃腸にやさしく、最適な食事ではないでしょうか。これは、あくまでも日本人・アジア人の感覚。

米を主食としない欧米人からみれば、「病気の時ですらコメを食べる!?」と驚きのようです。

彼らにとって病人食の定番といえば、チキンスープ。もちろん病気以外の時でも、ランチやディナーメニューの定番のひとつ。心も身体も温まる、正にアメリカ母の味。

鶏肉のたんぱく質がウィルス撃退、ビタミンAは喉の粘膜を補修してくれます。鶏肉のたんぱく質は消化もいいので、胃腸の弱った風邪の時に食べるのがおすすめです。また、スープには人参、セロリー、玉ねぎなどの野菜もたっぷり入っているので、ビタミンAやビタミンACが豊富です。チキンスープが風邪によいと言われるのも、不思議はありません。

チキンスープにはエッグヌードルやおコメをいれるのが定番。なんだか、お雑炊に近いイメージですよね。満腹感たっぷり、「食べるスープ」です。おかずなしでも満足できる一品です。

ほっとする家庭の優しい味なので、風邪以外の時にも食べたくなります。基本は材料を切ってお鍋に入れたら、あとは待つのみ。あまり手をかけずに、美味しくて健康な一品が作れます。作りおきができるので、忙しい人にもおススメです。我が家では寒い季節になると、スープがメインの夜があるくらい。スープは重宝します。

chcken_soup1材料

  • 鶏丸ごと1羽
  • 人参4本
  • セロリー4本
  • じゃがいも中3個
  • 玉ねぎ大1個
  • 塩コショウ

chcken_soup
大きな鍋に鶏を丸ごと1羽入れ、ひたひたになるまで水をいれ、蓋をしないまま火にかけます。鶏肉が骨から離れるぐらいまで、じっくりと煮込みます。

鶏を鍋から取り出し、骨をはずします。一口大に切った野菜と一緒に、鶏肉をスープの入った鍋に戻して煮込みます。野菜が柔らかくなったら、エッグヌードル(パスタ)を投入。エッグヌードルが茹で上がったら、塩コショウで味を調整して出来上がり。これぞアメリカのママの味。お好みで、エッグヌードルの代わりにショートパスタやおコメを入れてみてください。

ほっかほかの焼きたてパンと一緒に食べるのもいいですよね。

また、生姜や醤油を少し入れたら、和風味に。色々アレンジのきく一品です。

アメリカ母の味で、ほっかり温まってみませんか?

最後までお読みいただき、ありがとうございました。