脳を老化させない食生活

最終更新日

1

脳の健康と精神機能を理想的に保つ為に欠かせないのが、三大生活習慣。

食事、運動、睡眠

今日は久しぶりに、『「いつものパン」があなたを殺す』という本を開いてみた。数年前アメリカではベストセラー、日本でもかなり評判になったはずの本。グルテンフリー食べればいいとか、小麦粉を断てばいいという話ではありません。ここで重要なのは、食生活全体のバランス。脳を老化させない食生活を日頃から心がけ、脂質もコレステロールも、上手に食べていきたいもの。

ここでは、パールマター博士がすすめる、思考が明晰になる食べモノを紹介します。これを元に買い物リスト作り、糖質と炭水化物から抜け出そう。炭水化物が少なく脂肪の多い食事は、満足感が長く続くといわれています。

思う存分自由に食べていいモノ

カラダにいい脂肪

エキストラ・バージン・オリーブオイル、胡麻油、ココナッツオイル、放牧で飼育された動物の脂、バター、ギー、アーモンドミルク、アボカド、ココナッツ、オリーブ、ナッツ、木の実バター、チーズ(ブルーチーズを除く)、種(アマニ、ひまわり、南瓜、ごま、チアシードなど)

低糖の実

アボカド、ピーマン、胡瓜、トマト、ズッキーニ、南瓜、ナス、レモン、ライムなど

たんぱく質

全卵、天然魚(鮭、ギンダラ、ニシン、マス、イワシなど)、貝・甲殻類、牛肉、鶏肉、豚肉、レバー、七面鳥、鴨、子牛など

野菜

青菜、レタス、ほうれん草、ブロッコリー、ケール、キャベツ、玉ねぎ、きのこ、カリフラワー、芽キャベツ、アーティチョーク、アルファルファ、もやし、サヤインゲン、セロリ、青梗菜、ラディッシュ、クレソン、カブ、アスパラガス、にんにく、ねぎ、フェンネル、生姜、パセリなど

週2-3回程度、1回少量に抑えたいモノ

  • 人参、白人参
  • カッテージチーズ、ヨーグルト、牛乳、クリーム
  • 豆類
  • グルテンの含まれていない穀物
  • カカオ70%以上のチョコレート

果物と落とし穴

一番のおすすめは、ストロベリー、ラズベリー、ブルーベリー、ブラックベリーなどのベリー類。メロン、パパイヤ、プルーン、パイナップル、マンゴ、アプリコットなどの甘味の強い果実にはご注意。

1日1杯の赤ワイン

ワインの中に含まれる酸化防止剤とその他の微生物が関係し、衰えた記憶力を向上させるといわれています。脳の老化防止はもちろん、美容と健康にも大活躍。赤ワインのポリフェノールはアンチエイジング効果があるといわれています。また、カリウムの利尿作用により新陳代謝が活発になるため、ダイエット効果も期待できます。

そして、毎日グラス1杯を飲んでいる人は飲まない人に比べ、ピロリ菌やバクテリアによる感染症や胃炎、潰瘍、胃がん、卵巣がんの発症率が低いことがわかっています。悪玉コレステロールの酸化を防ぎ、血糖値を抑制する働きもあるとのこと。適量(100~360mL)を守り、楽しく美味しく老化防止に励みましょうね。

You can redefine yourself at anytime in your life.

新しい生活習慣を身につけるのは、簡単なことではないですよね。正に、ローマは一日にして成らず。多少の失敗、脱線、妥協もあっていいのだと思う。忘れていけないのは、再スタート。今からでも遅くはありません。脳の健康を取り戻し、老化させない生活を送って行きたいですね。